トライオートFXなら両建ても自動売買で簡単!

トライオートFXユーロ米ドルで両建て

トライオートFXは単純明快なシストレ(システムトレード)ですが、設定と結果には奥深い関係がありそうです。

体験談を投稿しますので参考にしてください。

手数料や含み損についても考察しています。

トライオートFXの設定

トライオートFXをバックテストでテストした結果を総括します。

期間:2016年10月3日から2017年3月11日

通貨ペア:ユーロ/米ドル

設定条件:売り買いいずれも変動幅400pips、注文と利食い間隔20pips

売りと買いを同時に、いわゆる両建てで開始しました。

両建ての検証結果


買い側 売り側 合計
期間中の利確回数 490回 517回 1,007回
期間中の利確金額 1,034,008円 1,158,557円 2,192,565円
期間中の損切回数 28回 7回 35回
期間中の損切金額 -1,262,059円 -304,493円 -1,566,552円
期間中の利  益 -228,051円 854,064円 626,013円



期間中の合計利益は626,013円と、何とか利益を出すことが出来ました。

期間はおよそ5カ月間ですから、年間に直すと1,502,431円。

年利回りは資金300万円ですので、50%!

恐ろしい年利回りです。

トライオートFX
10,000円キャッシュバック!


検証結果から再設定

細かく検証していきます。

買い側の損切額が大きくなった原因は、期間中の変動幅が959pipsと初期設定の400pipsから大きく逸脱したためでした。

取引履歴に基づく検証によれば、仮に変動幅を600pipsに設定していたら損切回数を買い側で13回、売り側で5回も防げたはずでした。

損切り回避による利益増は、買い側で572,000円、売り側で220,000円にもなります。

上記利益増分を足して利益を再計算すると、

買い側:-228,051円⇒ 343,949円、

売り側: 854,064円⇒1,074,064円になります。

したがいまして、利益合計金額は1,418,013円となります。

期間はおよそ5カ月間ですから、年間に直すと3,403,231円。

年利回りは資金300万円ですので、113.44%!

恐ろしい年利回りです。

捕らぬ狸の皮算用的ですが、取引履歴に基づく現実的なシミュレーションです。

手数料は痛いものの

次に手数料についてですが、手数料は新規注文時に1万通貨あたり100円です。

決済注文時にも1万通貨あたり100円かかり、売買の往復で合計200円かかる計算です。

期間中の手数料総額は100,700円になりました。

再度の計算により、上記期間中の最終利益は1,418,013-100,700=1,317,313円に減ってしまいました。

しかしそれでも年間に直すと3,161,551円。

年利回りは資金300万円ですので、105.39%となります!

手数料を払うのがもったいない感じもします。

しかし、それと引き換えにモニターを長時間凝視せず、夜ゆっくり過ごせて、約定通知が来た時だけ状況を確認するだけになります。

必要な経費と割り切った方が良いです。

含み損の考え方

含み損についてですが、この取引では含み損は宿命であり不可避です。

しかし最終的に確定損にならなければ良いと考えられます。

20pips間隔ですと、売りと買いのポジション数が均衡していても20万円、一方に傾けば40万円を抱えます。

しかし、変動幅を越えれば機械的に損切が発動されるので含み損は最大40万円です。

会社に例えれば300万円の自己資金に最小20万円、最大40万円の借入金で経営しているとも考えれられます。

トライオートFXで両建ての結論

見込みある投資方法であることが確認できました。

今後の設定は想定変動幅を600pipsとした以外はデモによるテストと同じ環境で行いたいと思います。


トライオートFX トライオートETF